輸入禁止・規制品目について

個人輸入代行・転送サービス 輸入com
輸入するなら、絶対に要チェック!!

輸入禁止・規制品目について

輸入禁止・規制品目について

輸入comは平素より法令を遵守し、小口輸入・個人輸入向けに個人輸入ビジネス輸入購入代行FBA納品代行などのサービスをご提供しております。
輸入にあたっては国内外の法規制の関係で、会員さまがアメリカのショッピングサイトで商品を購入されましても、日本国内へ持込ができない場合がございます。
そのような場合には会員さまのご負担でショッピングサイトへの返品商品の処分といった対処をせざるを得なくなります。これらの事態を回避するためにも、輸入に関連する法規制を事前に御確認いただき、健全で安全な輸入ライフをお楽しみいただきたく存じます。
ご注文・ご購入前に輸入禁止・規制品目についてよくお読みください
輸入予定の商品が輸入禁止・規制品目となっていないか、必ず注文・購入手続き前にご自身の責任でお確かめください。
輸入comでは、下記に記載の輸入禁止・規制品目など会員さまが了承した上で商品を購入されたものとし、これらを守らなかったために生じたいかなる不利益に対しても一切責任を負いません。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
輸入禁止品目については、主に『関税法』で定められています。その他には『植物防疫法』や『家畜伝染病予防法』、『ワシントン条約』等によって輸入が禁止されている品目がございます。
輸入規制品目については、『輸入時』に対象となる品目と『国内販売時』に対象となる品目がございます。
※許可・免許が必要な場合が多々ございます
リチウム電池や充電式電池(乾電池は可)、子ども用の玩具、一部のキャンプグッズなど、意外な輸入禁止・規制品目がございます。
ブランド品の輸入自体を制限したり、数量を制限することを指します。国外での販売は、支店または正規代理店以外に認めていないブランドも多数ございますので、注意が必要です。
電気製品、ビデオ、DVD、ブルーレイなど海外では普通に使われている商品でも、規格の違いにより、日本では使用できない場合がございます。

小口輸入・個人輸入に向いている商品とは?

小口輸入・個人輸入に向いている商品とは?
初めて小口輸入する場合には、どんな商品を選ぶのがよいのでしょうか。
輸入com ツーライン選択の条件としては、次のようなことが考えられます
■法規制がないもの
■法規制があっても、比較的容易に手続きができるもの
■アフターサービスが必要でないもの
■輸送方法が簡単なもの
輸入com ツーライン具体例を挙げると
■衣類品(婦人・紳士・子供 ※乳幼児を除く)
■アクセサリーなどの服飾雑貨
■家庭用品、インテリア雑貨
■ギフト用品
■ホビー用品

商用目的と個人利用目的の境目

商用目的と個人利用目的の境目
「商用目的」か「個人利用目的」かという言い回しですが、実際の目的がどちらかというよりも、「輸入する量(数量・金額)」「商品カテゴリ」「税関での判断」などにより規制対象となる場合とそうでない場合がございます。
ある一定の期間内に個人またはその家族で使用できる分量」を超えるのか否かという判断が各ブランド・アメリカの税関・日本の税関で異なってくるため、判断しにくい部分もございます。
ご心配の場合には、ご注文前に輸入com事務局までお問い合わせください。
アメリカ・オレゴン州アメリカ消費税無料
オレゴン州は
 
 
輸入代行・個人輸入
ビジネス輸入・転送代行
なら輸入com
ご不明な点などありましたら、
お問い合わせください。
(日本語での対応です)

よくお寄せいただく質問と
回答をまとめております。
ページの上へ